ある暑い日

 今日は稀に見る猛暑だった。先刻の夕立と相まって、むしむしとしたうっとうしい暑さが続いている。今夜も寝苦しい夜になるだろう。八王子志貴は自宅アパートにある壊れかけのエアコンに思いを馳せた。――今日はなんとしても家には帰りたくない。木造二階建てのおんぼろアパート――狭くて汚くて、こっそりと猫を連れ込むことも多いので壁紙もところどころはがれていて、トイレの電気は切れたままのあの場所。差し障りを避けて通りたい性分は母親も一緒で、ここ数日姿を見ていない。エアコンが直るか、暑くなくなるかしない限り家には寄りつかないだろう。
 ヴヴ、とズボンのポケットの中のケータイが震えた。ナイスタイミングである。この時間帯のメールは、しごとの呼び出しかもしれない。さらば熱帯夜。おとなのおんなのひとのいえで尽くし尽くされるのが俺のしごとである。ばこん。ガラケーを開くとずれたねじの部分からなんとも大仰な音が鳴った。メッセージアプリの通知メールが1件。どうせまた、名前も知らない誰かからの、垢にまみれたメッセージだろう。自分のユーザーIDが知らないところで取り引きされている現状に辟易としながらも、内容を確認する。
 “From:Akira Rokudou”
 なんと。差出人は、気位の高い猫のような想い人からであった。
 “明日ちょっとだけ時間ある? 付き合ってほしい場所があって。忙しかったら別にいいんだけれど。”
 どうせまた本屋で散財するのだろう。俺は荷物持ちというわけだ。まあ、それでもいい。どんな形であれ必要とされること、そして自分を選んでくれることが嬉しかった。彼女は都合よく人を使いっぱしりにすることが多いが、対象の選出には何かしらの意図が含まれる。彼女は俺のしごとに勘づいている。俺の家が貧しいことや、家がただの『巣』でしかないことも。そういうのを踏まえて、俺の動向を気にしている。おそらく、心配している。
  “誘ってくれてありがとう。明日、大丈夫です。行き先は本屋かな? ”
 何かおかしいところはないだろうか。気さくにスマートに、余裕のある男でいたい。3回見直して送信。おそらく彼女からは何も返ってこない。自分が得たい返事を得られたからだ。そうわかっていても質問を投げかけずにはいられない。もしも返事がもらえたらうれしいからだ。
 ばこん。とケータイを閉じる。明日会うとき、彼女はどんな顔でそこに立っているのだろうか。きっと、「あら、今日はくっさい香水のにおいはしないのね」とゆるく笑ってくれるのだろう。なんだか気分がいい。途中でコンビニによって、アイスでも買って帰ろう。

© 2017 Toko Mizushiro All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now